TV番組などで紹介された流行りのオススメ商品まとめ

TV番組や雑誌で紹介された商品を中心にまとめています。

糖質を抑えて花粉症などのアレルギーを治す栄養療法!番組ジョブチューンで紹介。

テレビ番組ジョブチューンのベストセッラーを書いた名医が集結!医者ぶっちゃけSPで紹介されました。アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!の著者である溝口先生が教える花粉症を治すための栄養療法です。

 

日本人の4人に1人が悩んでいる花粉症。

 

花粉症などのアレルギー症状を栄養療法という新しいアプローチで治療しているのが

栄養療法専門医の溝口徹さん。

 

栄養療法とは不足している栄養素を補うことで

体が持っている本来の自然治癒力つまり免疫力を向上させ、

様々な病気を治す医学のことです。

 

溝口医師は栄養療法に関する書籍を20冊以上も出版!!

栄養療法の第一人者なのです。

 

 

日本人の4人に一人が悩んでいるという花粉症は栄養療法で8割以上の人の症状が改善!

 

溝口先生のクリニックでは栄養療法を行っている人たちの8割が花粉症を治すことができたのです。

しかも早い人だとなんと2週間で!!

 

では、どうすれば花粉症が改善するのか??

 

大事なポイントは2つ!

一つ目は食事!

 

血糖値が上がったり下がったりするのを抑える食事をするのが大事なのです。

 

なぜ血糖値を上げ下げしない方がいいのか?

 

花粉症などのアレルギー症状を抑えるのに

体の中で出てくる「コルチゾール」というホルモンがあるのですが、

このホルモンは血糖値を安定させる作用も持っているのです。

 

もし、

血糖値の上がり下がりが激しくなると、

このコルチゾールが血糖値を安定させるために使われるために

アレルギー症状を抑える事が出来なくなるのです。

 

血糖値の上げ下げを防ぐ方法は?

 

白米などの炭水化物を少なめにすること!

 

白米や麺類などに含まれる炭水化物の糖質

血糖値を上げる性質をもっているので、

食べる量を減らすことで血糖値の上昇を抑えることができるのです。

 

その代わりにお魚やお肉などのタンパク質

葉っぱ系のお野菜を多く食べることが大事なのです。

 

糖質を控えた方がいいということは

砂糖たっぷりのチョコレートなどの甘いものは

やめちゃったほうがいいのです。

 

もちろん糖質を抑えた食事は

花粉症だけでなく

アトピーなどの他のアレルギーにも効果的なのです。

 

溝口先生曰く

体中の粘膜が丈夫になるので、

いろんな免疫が高くなって

アレルギー症状が改善されるのです。

 

 

2つ目のポイントは体の中のビタミンDの量を増やすこと。

 

なぜビタミンDがアレルギーに良いのか?

 

ビタミンDには免疫を整える作用があるのです。

体にとって悪いものが入ってくると免疫をしっかりと出したり、

体にとってあまり害のない花粉のようなものが入った時の免疫の暴走を抑えてくれる作用つまり調節してくれる作用があるのです。

 

ビタミンDを増やす方法は??

 

陽に当たる!!

そして食べ物からビタミンD摂取!!

 

花粉症予防に効果的な食べ物

 

  • あん肝
  • 白子
  • しらす干し
  • にぼし
  • ししゃも

 

魚の内臓がいいのです。

 

ビタミンDは食べもので摂るのは難しい栄養素なので

サプリメントで摂るのも効果的なのです。

 

詳しい内容はこちらから↓↓↓↓↓

アマゾンでの詳細はこちらから↓↓↓↓↓

アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)